筒井康隆『わたしのグランパ』文春文庫

ネタバレ注意。

女子中学生・珠子の日常が、祖父の「出所」によって変化し始める、ジュブナイル長編。

なんかこのテの小説の筒井に一番巧さを感じます。すごく気持ちよく読むことができる快作と思いました。

スイスイ読んだ分、呆気なく終わってしまった感じで残念でしたが、コレも必然ではあるのでしょう。

評価はB-。