J.L.ボルヘス/鼓直(訳)『伝奇集』岩波文庫

ネタバレ一応注意。

作品集。

雰囲気のある作品集であることに間違いはなく、ビブリオマニアックな要素にも大いに心惹かれる。

しかしちょっと、訳は読み難いな…まあ蠱惑的なケレン味と、文学としての高尚さ・品格を同時に表現するのは難事だろうなと思う。

記録のみ。