松下竜一『松下竜一その仕事 21 私兵特攻』河出書房新社

ネタバレ特になし。

帝国海軍第五航空艦隊司令長官・宇垣纒中将による、玉音放送後の特攻出撃…「私兵特攻」を、関係者の戦中戦後を通じて描く、戦記ノンフィクション。

著者にとって戦記ものは珍しい題材だが、取材者・視点人物として寺司勝次郎という「特攻帰り」の友人を得て自身は記述者に徹し、寺司の人物と人生も含め、様々に語られる関係者たちの人生と戦争に対する思いを、透徹とした清明さをもって書き表している。悲憤や憤激というだけでない、「私兵特攻」という不条理な悲劇に対するオリジナリティある批評になっていると思った。

しかし…いくら戦時下の特殊な集団心理があったとはいえ、部下を犬死にの道連れにした宇垣の愚行に対するネガティブな感情は筆舌に尽くしがたいものがある。巻頭写真の、掘っ立て小屋以前に草木積んでごまかしたような「指揮所」や、粗末な布張りの椅子に立ち上がって訓辞を垂れる中将閣下のお姿を見るにつけ、異様な空虚感に襲われる。

阿南見習えやマジで。

評価はB。