柳広司『アンブレイカブル』角川文庫

ネタバレ注意。

大日本帝国ファシズムに抗った人々の姿を描く連作。

小林多喜二、鶴彬、横浜事件三木清といったところが題材だけど、スパイ小説でハネた後にこういう作品もしっかりものすってのは信頼できる姿勢だと思うし、題材や時代をもっと深掘りしようという知的好奇心も喚起される。

小説としては、ミステリに仕立てようというプロットの部分に無理筋を感じるし、チープな部分もないではないですが…。

評価はC+。