京極夏彦(原作)/志水アキ(作画)『魍魎の匣』(全5巻)角川書店怪コミック

シリーズ第二長編のコミカライズ。

耽美性と、ホラー劇画的なケレンを兼備した、悪くない作画ではあります。なんでここで見開き? とか、京極堂ちょっと貧相じゃない? とか、関口モブすぎない? とか、思い入れ故の違和感もありつつ…。

終盤の憑き物落としは台詞の羅列になってしまっているけど、ここをダイナミックに演出するのは至難だよな…。まあそれ以外は雰囲気愉しめたのでよし。