朝日晃/野見山暁治『佐伯祐三のパリ』新潮社とんぼの本

ネタバレ特になし。

佐伯祐三の画業を、題材となったパリ、近郊の情景と辿る本。

格好のガイドではありましたが、あの圧倒的展示を観た後では、印刷じゃなんも伝わらないなと。ミもフタもありませんが。

その意味でこの本片手にパリを歩くようなこともしないだろうな。悲劇的な生涯や人間性を知っていれば充分かも。

記録のみ。