五十嵐律人『法廷遊戯』講談社文庫

ネタバレ注意。

第62回メフィスト賞受賞の「法廷」ミステリ。

現役法学徒か弁護士か知らんけど、詳しい業界の知識で小説仕立てました、の限界で世界が小さすぎるし、ところどころで拙劣さが目に余る。新人の作だし…とは思うが、このぐらいの料簡の弁護士にモノゴト相談したくねえな。

ロジックやホワイダニットに新味を期待したのだけど、隠し撮りの映像ですべてを説明されては、ゲンナリと本を閉じる以外になかった。

評価はC。