島田荘司『羽衣伝説の記憶』光文社文庫

ネタバレ注意。

東京で起きた殺人事件の捜査で訪れた天橋立で、やっぱり例のファム・ファタルに遭遇する吉敷…もはや伝統芸の、ラブコメ・ミステリ長編。

はいはい、よかったですね、という感じですがまあ、独特のリーダビリティはさすがだと思います。もうすでにモトサヤ感が半端ないわけですが、じゃあこの後の『涙流るるままに』はどんな話だったのか、オナニーとニワトリしか憶えてないぜ!

評価はC+。