連城三紀彦『連城三紀彦 レジェンド2 傑作ミステリー集』講談社文庫

ネタバレ注意。

第二集。

「白蘭」もなかなか凄かったけど、やっぱ「夜の自画像」だな。逆転の構図とその構築性、耽美と情念、およそ連城三紀彦という作家、特に花葬シリーズに求められる全てが充たされる名品。

花葬シリーズとしての選集には入っていないので、これだけのためにこの本を取っておかなくては…。

評価はB。