筒井康隆『歌と饒舌の戦記』新潮文庫

ネタバレ特になし。

ロシアによる北海道侵攻を描く、スラップスティック架空戦記

んー、毎度同じことだけど、もう古臭くて読めないんだよな、こういうの。

クリティシズム以前に、スラップスティックの部分でスベってて、勝手にやっててって感じだわ。

評価はC。