2017明治安田生命J2リーグ 第19節 横浜FC 0-1 モンテディオ山形

2017.6.17@ニッパツ三ツ沢球技場
アディショナルタイム4分、ラストプレイでのパーフェクトカウンタ炸裂。歓喜の三ツ沢でした。
アディショナルで松っちゃん投入の場面では、まあ上位横浜相手のアウェイ戦、勝点1を取りに行く手堅い采配もやむなしかと思ったものでしたが、まさかそれが選手の反骨心と一層の集中を喚起し、さらには松っちゃんの長いランニングでDF引っ張って、瀬沼をフリーにする、策士木山の勝利戦術だったとは、まさに脱帽であります(言ったもん勝ち)。
まあでも、この日の試合は脱帽の相手が多いです。局面でバチバチに戦って*1、またはうまく挟み込んでイバを抑えたDF、ボランチ会心の試合だったし、特に本田拓也は読みの鋭さを生かしたインターセプト、好カバーリング多数、元日本代表の真髄を見せてくれました。なにかっつったらファウル貰おうとする相手のシャドーと、基準曖昧なジャッジにも我慢して、チーム全体で集中高く対応し続けてくれたのが胸アツでした。胸アツつったら菅沼は試合後のゴール裏でも最高だった…完全に俺的チーム史上最高のCBとして位置づけられています。
駿もポゼッションの中心として地味ながらいい仕事してくれたし、瀬川の好クロス連発も自信を付けたのが窺える充実ぶり。パーフェクトカウンタの発動においては、相手のロングスローに競り勝っていいところにヘディングした茂木、ワンタッチでベストなとこに落として長駆、DF引っ張った阪野、スピード全開のロングドリブルと落ち着いた切り返しでギャップ作った永藤、冷静にフリー探してクロス入れた瀬川、松っちゃんは前述省略、そもそも永藤にパス出したとこから切り替えてのこちらも長駆しながら丁寧にインサイドで流し込んだ瀬沼と、素晴らしいプレイがこれだけ連続したら点も入るよな、という、多くのプレイヤが最高の集中を維持して実現された、今シーズン紛れもないベストゴールでありました。
久々のブルイズと県民歌、実力の伯仲した、緊張感とプレイ強度の高いゲームで、さらにこんな劇的な結末の後に歌うのはまた格別でありました。このチームと進んでいける今シーズンが、まだ半分以上も残っていることを考えると、期待に胸の高鳴る、サポ冥利に尽きる夜。酒が進み過ぎたのもやむを得ないところでありましょう。

*1:目の前での利弥とイバのデュエルとか凄い音してて、専スタ羨ましかった…。